夢見るずくなし  『手作り 』 → »

 

スポンサーサイト

No,

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 ||トラックバック(-) | コメント(-)

ボトルカバー

No,851 comment 4

水筒というべきか
近ごろ熱中症対策で叫ばれている水分補給用に鞄に入れて持ち歩くボトルのカバーを作ってみました。

2015-8-25-1.jpg
最初は向かって右の黒いのだけでした。これは350㏄です。
そして100円ショップで白地のカバーを買いました。かかとのない靴下みたいなものです。

でも欲張りにもう一種類の飲み物持っていきたくて、ピンクのを買いました。
小さくて200㏄なんです。
可愛いけど色がちょっと派手なんです。

鞄に入れるには黒とピンクでは上手く収まらないんです。
そこでもう一個ピンクのを買いました。二つ合わせても黒いのの値段には届かない安さでした。


2015-8-25-2.jpg

入口にはゴムひもを入れました。胴体をもって下げるだけで入口が現れます。
生地はいづれも着るものだったものをリサイクル、グレイの方には ハート型のレースを 裏と表に付けました。
こうして見ると200ccの方は高さだけでなく太さも細いんですね。

2015-8-25-3.jpg

どちらも500㏄のペットボトルを入れられます。


2015-8-27-2.jpg
ついでに350㏄の方も作っちゃいました。


さて持ち歩くのは200㏄のを二本です。鞄に入っている時は寝かせて二本並べられます。

2015-8-27-3.jpg
何が入っているか覚えるのに
紺の方を花野菜・・・(花模様の方に野菜ジュース。)
グレイの方をハートポカリ・・・(ハートの方にポカリスエット)です。

因みにこの鞄は3ウエイバッグでショルダーやリュックにもなります。
いろいろなところへ持って行けますね。

これで不足気味の野菜と熱中症対策のスポーツ飲料が大丈夫・・・のはずです。うふふ

スポンサーサイト

【2015/08/27 05:38】 手作り | comment 4 |トラックバック(0) |

母と姉の作品

No,692 comment 8

9月初めに母が入院して毎日病院へ見舞いに行っていたのですが、19日に退院してからは家のほうに週一か10日に一度くらい行っています。
母の作品を紹介します。
2010-10-21-6.jpg  先ずこれは手まりですね。私の親ですから(笑)ものすごい数です。


2010-10-21-5.jpg  こちらは折り紙ですがどうなっているのかさっぱり解かりません。


2010-10-21-4.jpg  これまた、どう折るのでしょうか


2010-10-21-7.jpg  あっ!これはこの春恐れ多くも私が教えた薔薇ですね。


2010-10-21-2.jpg  こちらは姉が作っている貝殻草のドライフラワー束ねた所です。


2010-10-21-1.jpg  これは干しているところです。
  このほかにも向日葵があるんですが、とてもアンティークな感じです。


2010-10-21-8.jpg  これは姉が作った木目込みです。


2010-10-21-3.jpg  最後は家の前の道路のマンホールのふたです。とても綺麗だったので写真を撮ってみました。



【2010/10/21 21:58】 手作り | comment 8 |トラックバック(0) |

折り薔薇・母が嵌っていた

No,637 comment 4

母の所へ寄ってみたら、あはは、折り薔薇をやっていました。
私に似て、いえいえ私が似ているんですが、凝り性で出来るまでは やる と言う性格なのでしょうね。

そしたらなんともうすっかりできるようになっていて、山のように作って有りました。
嬉しいですね。

その上、薔薇に葉っぱをつけなくてはいけないという事で箸や針金を使って茎と葉を作っていました。

一時はどうなるかと思ったのですが、ほんとうに嬉しいです。


以下は最終的にアレンジした折り方です。
もし良かったら画像をクリックして次へ進んで見てくださいね。
考案なさったのは川崎博士です。





【2010/06/03 18:30】 手作り | comment 4 |トラックバック(0) |

折り薔薇

No,609 comment 10

先日、母のところへ行ったら、いろいろと折り紙をやっているらしく見せてくれました。
友達にあげて喜んでもらっているらしいのです。

なにかもっと良いのないかなと思って検索したら
http://www.fukuyama-th.hiroshima-c.ed.jp/link/oribara/top.htm・福山ローズ
を見つけました。
すごい。これを母に教えたいと思って、たくさん練習し、見ないで折れるように成りました。
bara6.jpg

色画用紙も使ってみました。
bara7.jpg


でももっといい折り紙は無いかしらと考えました。
薔薇ってベルベットみたいなのもありますよね。
布で折れるかどうか実験。
カラーシーチングのピンクで折ってみました。

bara10.jpg

工夫して出来ました。結構いい感じです。

そこでベルベットより毛足が短い別珍を買いに行きました。
bara81.jpg

写真より実物の方が色が濃いです。

この折薔薇は高さもあるんですね。
ほんとにこんな凄いものを考え付く方はすごいですね。元々の方は川島さんという数学博士らしいです。
bara91.jpg


↓は、ラメ入りのニット、これはとてもやりにくかったですが、うまくやればゴサージュになりそうですよね。
bara11.jpg

もしまだやったことがない方で興味のある方は是非やってみてね。



【2010/04/16 22:17】 手作り | comment 10 |トラックバック(0) |

レッスンバッグ

No,608 comment 4

知り合いの子供がそろばんを習いに行くというので、久しぶりにレッスンバッグを作ってみました。
2010-4-11-4.jpg
裾の方にプリントの中の一色の布を入れるのが今風らしいです。
2010-4-11-3.jpg
内側にポケットです。

ちなみに男の子用です。
我が子は女の子だったので、刺繍やアップリケなどして凝った作りにしたものでした。←遠い目

このキルティングは用も無いのになんだか気に入って買っておいたものでしたが、役に立ちました。
【2010/04/12 07:10】 手作り | comment 4 |トラックバック(0) |

ヨミガエル・カエル着ぐるみ

No,572 comment 6

昨年の秋、年上のいとこがくも膜下出血で倒れ、三ヶ月意識不明で昏睡状態が続いていたそうですが、突然目覚め、それからのリハビリがすごく上手く行ったということです。

それから一年経った今年の秋、そのいとこがふるさとでもあるこちらに来たので、逢いに行ったんですが、
ほんとにそんなことがあったとは信じられないくらい良くしゃべるし、食べるし良かったと思いました。

その時、あの有名な鶴太郎さんの絵をお土産に呉れたんです。

お礼に何かと考えていたんですが、
彼女は、このような状態で生き返ったのはほんとに数パーセントしかいないと医者から言われたといっていて、それも倒れるところを見ていただんなさんがすぐ病院へ搬送したからだそうです。二階のベランダで洗濯物を干している時倒れたんだそうですが、それを庭で偶然隣の旦那さんと立ち話をしていた旦那さんが見ていたんだそうです。
同じ家の中にいてもすぐに気づくとは限りませんよね。
ほんとに運が良かったんだと思います。
そんなことを思えば生き返ったことをほんとに嬉しく思い、生き返る=蘇るということでカエルを集め始めたといっていたので、カエルの着ぐるみをあげることにしました。

着ぐるみは4人作りました。そのうちのひとつです。詳しくは↓こちら

カエルの着ぐるみを着ている小さな男の子です。1~4まで番号をつけてみました。1と3には天使の羽が付いています。髪の毛はキューピット風にと思いましたが、笑さに有らず、まるで江戸時代の赤ちゃんみたいです。↑は2と4です。↑は2と4後ろ姿です。きょうの写真は4番です。髪の毛がBOY風に見えますでしょうか?あらが見えるのでけっこう難しいです。...
着ぐるみ・カエル



2009-12-15-9.jpg


クリスマスも近いので
今年取れた鷹の爪を、庭で選定した藤のつるを丸くしてリースにしました。
緑のビロード風なリボンを巻き、ちょこっと飾りもつけました。
台所などにセロハンをかけたまま飾っておいて、鷹の爪を使ってもらえればいいなと思います。
2009-12-15-12.jpg


2009-12-15-11.jpg


【2009/12/15 17:43】 手作り | comment 6 |トラックバック(0) |

保育園お便り帖ポケット

No,514 comment 8


保育園の先生から頼まれて園児が保育園に持ってくるお便り帖を入れておくウォールポケットを二つ作りました。
2009-4-26-1.jpg

全体の様子です。
ポケットの部分、台布ともキルティングなのですが、ポケットを台布に縫い付けるために使ったテープ布は台布の綿を取り除いて作りました。

もうひとつは暖色系です。
2009-4-26-4.jpg
上に棒を通して、開けた穴に紐を通してあります。
子供が難なく入れられるよう、また洗濯で縮むことを考慮して作りました。

2009-4-26-3.jpg
こちらは更に細かい作業、ポケットの入り口に、キルティングに使われている裏布をはさんでおしゃれしてみました。

一見簡単そうですが、単純で長いミシンがけに居眠りしそうでした。笑
それとキルティング二枚の厚さと1メートルくらいの大きさでですから、片側をまるめたり、ミシンの力では進めないのでたいへんでした。


【2009/05/04 09:20】 手作り | comment 8 |トラックバック(0) |

わかにんのウイッシュ

No,492 comment 6

2009-2-6-4.jpg
わかママさんからお便りを頂きました。
教室にいるわかにんです。
早いものでわかちゃんももう6年生なのだそうです。この3月の卒業式を迎えたらわかにんもわかママさんの元にいることになるそうです。
わかにんにとって学校生活はもう少ししかないのですね。
なんだか寂しいです。
写真は教室でお友達に流行のウイッシュをしてもらっているところだそうです。
わかにんといっしょに大きくなったわかちゃんやおともだち、きっと一生わかにんと過ごした日々を忘れずに優しい人になっていくことでしょう。

わかにんの詳しいことはこちら
【2009/02/11 17:26】 手作り | comment 6 |トラックバック(0) |

パンダの編みぐるみ

No,490 comment 14

手芸品やさんでパンダの編みぐるみに一目ぼれしました。

作ってみたくなって
衝動買いで毛糸を買ってきました。
覚えているつもりだったんですが、作っているうち全く解からなくなって、結局適当にやってしまいました。
鼻の台もあったような気がしたのですが、つけたら余り可愛くなく感じ、結局取り払いました。
記憶はいい加減なものだと改めて感じました。
2009-2-2-1.jpg

この毛糸はぼこぼこしているモヘヤです。

パンダはほんとに可愛いですよね。あの独特な色に染め上げた創始者(シードマスター??)がもしいるとしたら敬意です。
【2009/02/02 11:42】 手作り | comment 14 |トラックバック(0) |

リモコンケース仕上がりました

No,412 comment 4

2008-2-17-5.jpg

辞書によるとリモコンとはRemote controlというんですね。(笑 えへへ)
乾燥したものに先がとんがったもの文字をで書き、その上に黒い粘土をマヨネーズくらいの硬さに練って刷り込み、余分な粘土をふき取ると文字が入りました。
参考図書。やさしいオーブン陶芸
オーブンレンジで160℃、40分焼いた後、耐水、耐油コート「YU~」塗布しました。
焼くと強くなり、壊れにくくなりますね。
もうひとつ、余分な収納スペースを作っておけばよかったなと今思っています。
【2008/02/20 15:56】 手作り | comment 4 |トラックバック(0) |
  HOME  NEXT
 
 
 
my blog

最新コメント

Category

r-trackback

link

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

sitelink

今何時?

アルバム

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

introduction

どりーみー

  • Author:どりーみー
  • 布の手作り人形の
    製作と販売なんですが、、、

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Tree-Recent

Tree-Arcive

お勧め

Photoscope

banner

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。