夢見るずくなし

 

スポンサーサイト

No,

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 ||トラックバック(-) | コメント(-)

相撲界の大麻

No,489 comment 4

テレビを見ていると、今度は日本人の力士が大麻を所持していたとニュースで言ってました。
若麒麟?初めて聞く名前だなぁと思っていると主人が入ってきた。

主人「何?」
私「キリンなのに意外と首が短い」
主人「若いからじゃない?」


そうなんだ!!




スポンサーサイト

【2009/01/31 22:33】 日常 | comment 4 |トラックバック(0) |

魚眼レンズ?

No,488 comment 12

よく犬などのペットを魚眼レンズで撮った写真を見たことがあるんです。
魚眼レンズってどうやって手に入れるんだろうと検索していたら、
「エリミな気分」デジカメ(携帯カメラ含む)用魚眼レンズ?
さんに行き当たりました。
魚眼レンズのカメラを買うのか、はたまた、取り付けるレンズでもあるのかと思っていた私はほんとうにびっくりです。

前述Blog、「エリミな気分」かずさんによると使うものは「ドアスコープ」と「水栓パッキン」ということです。

ホームセンターに行くとすぐに見つかりました。
2009-1-29-02.jpg
私の買ったのは「ドアビュアー」と言う名前でしたが、ドアについてる覗き穴ですよね。698円でした。
もうひとつはかずさんと同じメーカーのようです。198円。

「ドアビュアー」にパッキンを装着、カメラの方には引っ掛かりがないようでしたので、左手でレンズに押さえつけて撮ってみました。パッキンがゴムなのでカメラが傷つくことはないと思います。
2009-1-29-05.jpg
比較用にこちらは普通に撮ったものです。
2009-1-29-10.jpg

もう一枚は丸みを実感するために
飾り棚を撮ってみました。
2009-1-29-08.jpg
下は普通撮り。
2009-1-29-09.jpg

けっこう面白く撮れます。

さて肝心のペットですが、動くのでなかなか難しいです。
2009-1-29-04.jpg

仔犬を撮ってみたいです。

「エリミな気分」かずさん、本当にありがとうございます。
トラックバックさせていただきました。








【2009/01/29 20:17】 日常 | comment 12 |トラックバック(0) |

脳の「飢餓に備えろスイッチ」をoffに...

No,487 comment 12

NHK「ためしてガッテン」21日放送「低カロリーダイエット 失敗と成功の分岐点」を見ました。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2009q1/20090121.html

今までも脳の栄養は糖分のみで糖分が不足すると脳が飢餓状態になって 食べろ食べろ蓄えろ蓄えろとと命令して、食べ物のことばかり考えてしまい、更に食べたものを細かく蓄えてしまうと言うことは知っていましたが、具体的に糖分とは何かと言うことが解かりませんでした。

今回はその詳しい食品の選び方などをやっていましたので興味深く見ました。
その食べ方にも注意点があり、最初に飲み物を飲み、次に野菜やおかずを半分くらい食べてから糖分の含まれた食べ物を食べるのだそうで、もうひとつは糖分の割合が食事の6割を占めるようにすると言うことでした。


1、《たんぱく質の多い食品》 この中の2種類を選ぶ、
牛乳(ヨーグルト) 120ミリリットルgyu-yog.jpg
チーズ 1枚ti-zu.jpg
卵 1個 tamago.jpg
赤身の肉 50グラム niku.jpg
脂の少ない魚 1切れ sakana.jpg
豆腐 4分の1丁 tofu.jpg


2.《糖質の多い食品》 炭水化物と果物・イモ類 のグループからひとつずつ選ぶ
  *炭水化物 ご飯 子ども茶わん1杯 gohan.jpg
パン 8枚切り1枚 pan.jpg
ゆでめん 2分の1玉 men.jpg


  *果物・イモ類 果物 半分 イモ類(かぼちゃ、れんこん、ごぼう、豆類も) 卵大


3《脂質の多い食品》
食用油 大さじ2分の1


4.《カロリーがほとんどない食品》
野菜(イモ類以外)、きのこ、海藻 好きなだけ摂ってOK!


【2009/01/23 16:13】 テレビ番組 | comment 12 |トラックバック(1) |

上川の白鳥

No,486 comment 12

2009-1-16-1.jpg

【More Open】
【2009/01/19 17:20】 日常 | comment 12 |トラックバック(0) |

形のないものに悩みがあるはずがない

No,485 comment 6

大河ドラマ「天地人」第二回

喜平次と共にお寺で修行に励む与六。

今回の気に入った教えの言葉は
住職のことば

昔達磨大師に
己の不安を取り除くにはどうすればよいかと和尚が尋ねた。達磨大師は和尚に言った。ではその不安とやらを取り出してみろ、と言った。

すると「不安と言う心は形が無いもの、形の無いものは取り出すことは出来ません。」と答えた。
そして、不安などと言うものは有って無いようなものだと弟子は気づいたのだ。
「形のないものに悩みがあるはずがない」と。

今年のお正月に買った達磨


あらすじ
与六は意地を張って強がって住職に叱られtればかり、喜平次は無口で周りのものもどう接してよいか解からずにいた。

与六は、時々ホームシックになって物陰で泣いていた。それを喜平次はひそかに眺めていた。

ある晩、与六の姿が見えなくなった。遂に逃げ出して家に帰ってしまったのだ。
それに気づいた喜平次は寝ている住職に障子越しにどうしたら良いかと相談する。
「自分の心をお伝えなさい」との住職の言葉に、急ぎ与六の後を追う。

喜平次の想像通り、与六は母の元へたどり着く。
外は雪、母は寝ていたが外の気配を感じ、戸を開けるとそこに与六を見出し、中に招き入れる。
「どうしたんです。こんなに冷たくなって・・・。」
と泣きながら抱きしめるが、はっと我に返り、
「与六帰るのです。そなたはもう母の子ではありません。越後の子なのです。」
とみのを着せて雪の中に放り出すのです。与六は入れて入れてと戸をたたいて泣き叫びます。
中では母が泣きながら戸を押さえています。

しばらくして途方にくれて座り込む与六に
「与六帰るのです」
と、喜平次の声です。しゃがんで背を向けて振り返ります。おんぶしなさいということでしょうね。
与六を背負った喜平次は姿の見えないが気配のある戸の方を振り返ります。
目が物語ります。
「母よ。安心なされ」
それを節穴から覗いていた母は手を合わせます。

遠い帰り道、与六を背負い歩きながら、喜平次は自分の心を語ります。
「自分は無口であまり語らないがはお主は特別に感じる。
母上はお主を捨てたのでない。この喜平次にくだされたのだ。わしの側にいてくれ」
と語りかける。この温かい言葉にむせび泣く与六。お互いに目には涙、口元には微笑み、与六と喜平次の心が通った瞬間だった。


残念ながらというのもなんですが
次回はもう大きい与六と喜平次になっているようです。
もう少しこの幼い二人の様子を見たかったですね。



【2009/01/17 09:28】 テレビドラマ | comment 6 |トラックバック(0) |

大河ドラマ、感動した言葉

No,484 comment 6

昨年の大河ドラマ篤姫、毎回泣いて見ていました。
何がそんなに悲しいかと言うと篤姫が将軍の正室になってしまったので幼い頃から思いを寄せていた肝付尚五郎さんの心が切なかったんですね。

今回の大河ドラマは「天地人」
これまた泣きに泣き。これぞ正しく号泣といっても過言ではないでしょう。

でもその悲しさは親子の悲しさです。

第一回は
まだ5歳の我が子与六を小姓として差し出す母親の気持ち、そして親から引き離される子供の心、
どちらもいかばかりかと思います。

初めは反対していた母親でしたが、将来を思い決心します。そして子供を説得する時、もみじの話をしました。

「どうしてもみじはあのように美しいか知っていますか
木は厳しい冬を乗り越えるために力を蓄えねばなりません・・・・
もみじが散るはその身代わり・・・・
自らの命を幹に託して散っていくのです・・・・
燃え上がるようなあの色は我が命より大切なものを守るため・・・・
決意の色・・・・
そなたはあのもみじの色になるのです・・・・
もみじの様な家臣になりなさい・・・・
今日からそなたは母の子ではありません・・・・
この越後の子となるのです・・・・

やはり母は強いですね。

仕えるのは10歳で上杉輝虎(謙信)の養子となった喜平次(景勝)。
10歳の殿様と5歳の家臣ですね。
【2009/01/13 21:45】 テレビドラマ | comment 6 |トラックバック(0) |

よかった探し

No,483 comment 15

お友達が今年は良かったことを探したいというので、私も今年はそうしてみたいと思います。2009-1-4.jpg
以前、気に入って買った、ひろはまかずとし作の絵はがきです。

さて早速良かったと思ったことですが、
今年の箱根駅伝初日、
日大は2区でケニア人留学生のギタウ・ダニエル、歴代1位となる20人抜き。

今までは15人抜きのタイ記録だったそうですが、1区の選手からたすきを受け取った瞬間、ほんとに22位でよかったと思いました。
もし1区の選手が1位で入ってきたら、ごぼう抜きは全然出来ないんですものね。

ものは考えようですね。

今年すごかったのは
東洋大の5区の柏原、4区で9位だったのに、驚異的な追い上げを見せ、20キロ地点で首位の早大・三輪を追い越しトップにたった。三輪が再び柏原を追い抜いたが、柏原がラストスパートをかけて三輪を突き放したのだ。柏原はなんと1年生、しかもものすごい山登りなんですよね。
また9区の大津、後ろからひたひたと早稲田が迫ってきていると言うのにマイペースで、ひやひやしましたが、一貫して同じスピードを貫き、最後には早稲田を引き離した。ほんとに落ち伝いてすごいと思いました。
今年は割りと粒ぞろいでしたね。

さて、いよいよお正月も終わりですね。
今年はいろいろと頑張ってやろうと思います。
皆様、今年もヨロシクお願いいたします。



【2009/01/04 23:25】 日常 | comment 15 |トラックバック(0) |
  HOME  
 
 
 
my blog

最新コメント

Category

r-trackback

link

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

sitelink

今何時?

アルバム

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

introduction

どりーみー

  • Author:どりーみー
  • 布の手作り人形の
    製作と販売なんですが、、、

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Tree-Recent

Tree-Arcive

お勧め

Photoscope

banner

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。