Home 
2009年11月27日 2009年11月26日 2009年11月24日 2009年11月24日 2009年11月20日 2009年11月19日 2009年11月16日 2009年11月15日 2009年11月13日 2009年11月08日 2009年11月07日

夢見る残生

Category

お勧め記事

1から10までをたすと55
初体験干し柿

newコメント

my blog

link

バナーリンク

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

sitelink

TreeArchive_PD

 

最新記事 (サムネイル付)

それは、やばいよ。ガッテンでサバ缶 Nov 28, 2018
あっという間にクリスマス Nov 24, 2018
切り花の水挿し Nov 10, 2018
じこぼうキノコ汁 Nov 06, 2018
温泉卵 Oct 27, 2018
リゾット実験 Oct 24, 2018
昨年挿し木のバラ Oct 19, 2018
スープジャー Oct 12, 2018
サバ水煮缶どんぶり Sep 29, 2018

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

No,570 comment 12

Michael-Jackson.jpg
先日、予定変更で見に行かなかったTHIS IS ITを最終日にやっと見に行きました。映画を見たのは本当に久しぶりでした。結婚してからは初めてだったと思います。

世界中で一番売れたといわれるアルバム「スリラー」は私も持っています。
今年の6月にはマイケルの突然の訃報に驚きました。ジャクソン5の小さい頃から世に出ていたためかまだ50歳という若さにも驚きました。

最近はあまり歌ったりすることも無く、整形や子供に対する奇妙な行動などが目立っていましたよね。

でも映画を見て、7月に行われる予定だったコンサートがなくなったことが本当に残念だと思いました。
リハーサルというのにこうして映像を残していたことがすごいと思いました。
いっしょにコンサートをやる予定だった人々は皆一様にマイケルを尊敬し、マイケルと一緒に出来る奇跡を幸運に思っていることがよく分かりました。
マイケルがやさしく皆をリードする様子は決して天狗になっていないんですね。
子供の頃マイケルに憧れていた女性ギターリストのソロパートを指導するマイケル。「ここは君の見せ場だよ、最高の高音を奏でて。大丈夫僕がそばにいるから。」とやさしく導くところ、ほんとに素晴らしい人だったんだと思いました。
リハーサルの途中で次々と湧き出てくるマイケルの発想、驚くばかりです。その奇想天外の思いつきは、彼の頭の中だけにあって、回りの人から「声に出して言って欲しい」と言われていました。
この様子を見ているとき、私は映画アマデウスの中のモーツアルトのようだと思いました。モーツアルトも湧き出る音楽を楽譜に書き出す暇が無かったんですよね。

マイケルジャクソンは歌声も高音で美しくダンスのきれも全盛期に劣ってはいなかったのではないでしょうか。
長い間コンサートなどをせずにいたことが残念に思えます。
ほんとうに掛け替えのない人を失なったのだと思いました。


entry_textmore
2009年11月27日18時37分18秒/映画 /コメント:12 /トラックバック:1/▲ページトップへ戻る

凍みた薔薇

No,569 comment 2

薔薇ですが、今年は春先にアブラムシや病気で鉢に植え替えたものや刈り込んでしまったものがありましたが、これは刈り込んだものの方です。
咲くのが遅れた薔薇、大急ぎで枝を伸ばして花を咲かせようとしていました。ふたつ咲いたところで、霜がやってきてしまいました。
花びらが縮れてぼこぼこしていましたので、もう咲けないと思って家の中に保護しました。
花瓶で様子を見ました。








なんとか咲いてくれました。
やはり霜げた物は、開き方が少なかったです。
2009年11月26日06時40分22秒/ /コメント:2 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

新しい金魚

No,568 comment 10

2009-11-17-12.jpg
11月17日に何の気なしで行ったホームセンターでらんちゅうを買ってしまいました。
衝動買いですが、やっぱりめぐり合いですからねぇ。えへへ
家に来て1週間経ちました。
良い感じに泳いでいます。
手前の方が形がいいですね。
2009年11月24日17時54分26秒/金魚 /コメント:10 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

忘れられた靴

No,567 comment 2

2009-11-24-1.jpg

車の中が汚れないように靴を脱いで車に乗っていく人いますよね。
もう何日もこの靴はあるじを待っています。笑

2009年11月24日11時37分37秒/フォト575 /コメント:2 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

寒くなってきました

No,566 comment 2

2009-11-20-12.jpg

これからは寒くて行かれない日もあるよね、きっと。。。

自転車を買ってから一ヶ月余り、未だにサイクリングロードから出ない私ですが、これだけ走っていると、顔見知りが出来ます。挨拶はしていないけど、相手もきっとまた逢ったと思っているでしょうね。
中に絶対80歳は過ぎていると思えるちょっと腰が曲がった方がいるんですが、がんばって歩いています。
私も何歳になっても歩いたりできるようでありたいと思います。

2009年11月20日16時42分08秒/フォト575 /コメント:2 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

久々のランチ

No,565 comment 2

友達からマイケルジャクソンの映画、見にいかない?とお誘いがあったので、昨日はそのつもりでいたんですが、都合で行かれなくなって食事だけになりました。

2009-11-18-6.jpg
いつもの諏訪湖畔、キャナリーロウのサラダバーです。
2009-11-18-5.jpg


2009-11-18-4.jpg


2009-11-18-3.jpg


2009-11-18-2.jpg


2009-11-18-10.jpg


2009-11-18-9.jpg


2009-11-18-8.jpg

2009-11-18-7.jpg

2009-11-18-1.jpg


2009-11-18-11.jpg


2009-11-18-12.jpg

食べてしゃべってとても楽しい時間でした。
2009年11月19日13時22分39秒/日常 /コメント:2 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

セイブン魚

No,564 comment 6







セイブン魚の尻尾の先が少し白くなってきたと思うのです。


画面上のガラス玉はドラッグして遊んでください。 entry_textmore
2009年11月16日21時08分20秒/金魚 /コメント:6 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

諏訪湖夕景

No,563 comment 4

2009-11-14-1.jpg

近頃はいつも朝飯の後に諏訪湖一周しているのですが、昨日は一日中雨という予報でしたので、行かれないと思っていたところ、午後になって雨が止んだので、夕方から出かけました。

秋の日はつるべ落としといいますが、ほんとに夕暮れが早いです。
みるみる陽は沈み、東の空におもしろい夕焼け雲を浮かべました。

2009-11-14-2.jpg

反対側を見ると、ロマンチックな光景に身を寄せ合うカップルが・・・・
まことに羨ましいことです。笑

2009年11月15日22時25分24秒/ジョキングコース /コメント:4 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

痩せ金魚を隔離

No,562 comment 6

2009-11-13-1.jpg

前にも痩せすぎた金魚を隔離して餌を与えた結果、大きくなったことがあったので、痩せ金魚を隔離してたくさん餌を与えてみることにしました。

2009-11-13-2.jpg
えーっと。左側が痩せです。頭の色も白く大きさも違って栄養が足りていない様子ですね。
それに比べて口紅とセイブンは、はちきれんばかりにぴちぴちです。
痩せも上手くいってくれると良いんですが心配です。

2009年11月13日20時52分17秒/金魚 /コメント:6 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

ジョキングコースの鴨

No,561 comment 4


鴨は葱をしょっていないため(笑)、誰も捕まえようとしないせいか全く人間を恐がりません。

鴨が行列で道路を渡る時は強面の男の人も車を停車させて渡り終えるのを待っているのを見るとき、人間もなかなかいいじゃないかと思います。

歩いている人は鴨といっしょに散歩できる道です。

2009年11月08日13時29分08秒/ジョキングコース /コメント:4 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

父から貰った菊

No,560 comment 4

父が亡くなってもう8年くらい経ちます。
その父が生前、菊をやっていて私に苗をくれたのです。ちゃんと咲かせる年もあるけど手を加えずにいる年もあったりして、かろうじて命を繋いでいる菊です。

今年は春遅くに指し芽をしたら、背は小さいながらなんとか咲いてくれました。
2009-11-7-1.jpg
人間は命を終えても思い出と共に毎年咲いてくれる菊、これは夜の撮影です。
2009-11-7-2.jpg

2009年11月07日23時44分29秒/日常 /コメント:4 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る