Home 
2013年11月22日 2013年11月19日 2013年11月02日

夢見る残生

Category

お勧め記事

1から10までをたすと55
初体験干し柿

newコメント

my blog

link

バナーリンク

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sitelink

TreeArchive_PD

 

最新記事 (サムネイル付)

それは、やばいよ。ガッテンでサバ缶 Nov 28, 2018
あっという間にクリスマス Nov 24, 2018
切り花の水挿し Nov 10, 2018
じこぼうキノコ汁 Nov 06, 2018
温泉卵 Oct 27, 2018
リゾット実験 Oct 24, 2018
昨年挿し木のバラ Oct 19, 2018
スープジャー Oct 12, 2018
サバ水煮缶どんぶり Sep 29, 2018

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ポール・マッカートニーコンサート

No,831 comment 10

嬉しくて長い長い一日でした。
コミュニティを読んでいてどうもグッツを買うのは早くから並んだ方がいいということで10時21分の電車に乗ることにしました。
前もって大体の用意はしていたものの矢張りいろいろと手間取って大急ぎで駅に向かいました。30分くらいかかります。途中、ヒッチハイクしようかと何度も思いましたが、何とか自力でたどり着いたときは1分前、改札で頼んで中で切符を買うことにしてやっと乗り込みました。
出掛ける前、同居鳥の昼は用意したのですが自分の分はなんと柿を持つのが精いっぱいでした。新宿につく前に柿を2個食べました。
それから調べていた通り13番ホーム発車の電車に乗り1時15分にグッツ売場につきました。
paullive02.jpg
販売開始は2時からだというのにグッツ売り場はもうたくさんの人が並んでいました。
私は幸いにも最初の区切りで入れてもらえました。
並んでいる間にものすごい人の列ができていました。待つだけならいいのですが売り切れてしまうものが出てしましまうのが問題なのですね。
私はCD2枚とDVD1枚応援用サイリウム、トートバック、タオルマフラーを買いました。
グッツで並ぶだけでも大変ですが、当日にならないと席がわからないチケットを引き換えに並んでいる人の列がドームの裏まで続いていました。
ものすごい人の数です。なんといっても5万人ですからね。

こちらは正面22番ゲートです。
paullive03.jpg
私が入るのはまったく裏側の25番ゲートです。
まわっていくと裏の方の木の陰に噂の宣伝のトラックが見えました。
paullive04.jpg
わかりづらいですね。
これです(マウスオーバー)


写真を撮っていると立ち止まらないで下さいと係り員から注意されました。
後で思ったんですがこの辺がポールの出入りする場所だったんでしょうね。

お昼は柿二つだったせいかお腹がすいて我慢出来ずカツサンドを購入。3時ころこんなものを食べるなんてありえないですよね。

25番ゲート前に行くとなんだか人だかりしていてみんなカメラを眼下の道路に向けています。
その一人に聞くとここをPaulが通るらしいとのこと。

4時半。ついにその瞬間です。後部座席からグーにした両手を上げて通過するポールです。
kuruma.jpg
言うまでもないと思いますが、向こう側から半身を乗り出している人ではありません(笑)

それからはサウンドチェックの音がもれてきますが、期待に反して何の曲かはまったくわかりませんでした。
5時開場の予定が大幅に遅れようやく人が動き始めたのは5時45分でした。

今回のコンサートではポール。マッカートニーさんのご厚意で携帯やスマホでの写真撮影は許されているということですが、入場前には鞄のチェックがありました。一眼レフとかを思ってのチェックだと思えました。

東京ドームコンサートのチケット、ほとんど売り切れていたのに公演2日前に突然夢のように浮かび上がってきた私の席はココと下手な赤い文字で書いてあるところです。
paul5-1.png
みどりのところが一塁席、赤いところは外野席です。
たぶん初めは外野席は売らないことになっていたんだと思います。しかしこの時販売されたのは58通路と57通路の5区画だったようです。こちらライト側と同じように反対側レフトもです。
↓実際の様子です。右端の黄色いのがファール判定ポールです。そして1塁と外野を分ける境の柵の向こうが1累席です。
paullive11.jpg

ステージはこんな風に見えます。
野球では試合が行われるところがアリーナ席ということで、眼下にその様子が見えます。
私たちのところはそこより高いところで席は段々になっていてとても見晴らしがいいのです。

paullive13.jpg

席にはだんだん人が座っていきます。ちょうど私の隣は45歳くらいの男性で来るなりポールの話で雄弁でした。とても大好きでイギリスに住んでいた時は家に行ってポストにファンレターを入れたこともある。とか・・・
この方は18日にも来たんですがその時はアリーナ席の端の方でPaulの下半身が全然見えなかった。こっちの方が断然いいですよ。と言っていました。
反対隣は私と同年配の女性で娘さんと来ていました。もし私も娘と行ったらちょうど同じ感じだったと思いました。この方のもう一人の娘さんはアリーナ席を早くにとってたんだけど、ここにいる娘さんがあの奇跡のような夜、ネットを見ていて見つけたこの席をお母さんと一緒に見ようと思って買ったといっていました。反対の男性の方もチケットを手に入れた時のうれしさを語っていました。
ここの人たちは本当はなかった夢のようなひと時を得たうれしい人たちでした。
paullive14.jpg
正面とでは見え方が違うのがちょっと残念ですが、そこは大きなモニターで見ることで大丈夫です。


実は本当にこの席がステージが見える席なのかとても心配していました。いろいろと検索していると
http://yotayota515.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/1118-56fe.htmlよたよたさんという方18日に行ってleftがわの画像を記事にされていてそれを見て安心していくことができました。ありがとうございました。

paullive15.jpg
午後7時28分、ポールが登場するとすべての人は立ち上がりフィナーレまで立ちっ放しでした。
さまざまな照明はめまぐるしく変わり天井にまで模様で映し出されたりしました。
paullive16.jpg

007死ぬのは奴らだ
外国のライブでは花火も上がるようですね。ここでは火炎だけですが天井まで届かんばかりのすごさでした。
paullive06.jpg
音もすさまじくてポール自身も曲が終わった後両人差し指で耳をふさぐゼスチャーをしておどけて見せました。
アンコールのあと国旗を持って現れたPaulです。
kokki.jpg


21日は日本での最終公演日ということで キョードー東京というところから入場者全員に赤のサイリウムが配られました。11年ぶりに日本に来てくれたお礼とお疲れ様の気持ちを示そうということです。
その時はアンコールでYESTERDAYを歌ってくれる時です。
paullive12.jpg
Paulは割と日本語を話してくれました。英語の部分はモニターに日本語が出ていました。
もう僕は家に帰る時間だとポールが言ったときは本当に悲しかったです。

paullive17.jpg
Golden Slumbers.Carry That Weight.The Endと流れ、5万人の観客は名前を呼びながら別れを惜しみました。
paullive18.jpg
紙吹雪のなか夢の人ポールは帰っていきました。

冷めやらぬ夢、両横の今日巡り合った人たちとも別れを惜しみながら席を立ちました。
規制退場でアリーナの人たちは一番最後になっていましたので、かえすがえすもスタンド席で本当に良かったと思いました。
外に出てみると10時14分でした。
大変です。新宿23時の電車に乗らなくては甲府に予約してあるホテルに入れません、
それを逃すとあさの6時41分に甲府につくのしかありません。キャンセル料は100%ですので困ります。
40代くらいの坊主頭の男性に水道橋に行きますかと聞くとこっちですと案内してくれるんですがものすごい早足の方で私は結構重い荷物を肩にかけて小走りでやっとついていきました。
結局最後には見失ってしまいましたが、その方のおかげで早く移動できました。
結局新宿についたのは22時52分、余裕で甲府行きに間に合いました。
甲府で泊まって朝 諏訪に着きました。
家に帰って鞄を覗くと、ゆうべの夢のサイリウムがぼーっと光っていました。

2013年11月22日23時23分58秒/日常 /コメント:10 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

双眼鏡を買いました

No,829 comment 4

11年前ポール・マッカートニーのライブコンサートに行ったのですが、そのポールがまた来日しています。
前回は長女がプレゼントしてくれて一緒に行ったので今回は次女と行こうかと思ったのですが都合が悪いというので諦めていました。その後何回もチケットぴあからお知らせがあったんですが、そのたびにただ見つめているだけでした。
ところがついに日本に来ました。相撲を見に行っています。ライブの様子をいろいろとネットで見ているうちに気になって仕方なくなりました。
でもそのころはもうチケットぴあからのお知らせもなくなっていました。
15日のお昼を食べているとき
「ポールを見に行こうかな」
とひとりごとみたいにつぶやいたら
「何時までいるんだ?}
という同居鳥の思いがけない答え。
え!?なんというと思ったかですって。
実は一笑にふされると思っていたんです。これは脈ありですよね。

そこで参加しているコミュニティを覗いてみるとチケットの話で盛り上がっていて「今売ってますよ」という情報が・・・
悩みに悩んで見ていると実世界で同居鳥が後ろを歩いていたのでほんとに行ってもいいのと念を押すと「どうぞ」
それで真夜中の12時過ぎてからチケットを購入。
こんな間近になって手に入れられたってほんとにラッキーだと思います。今はもうすべて売り切れたようです。

前回は一階スタンドだったんですがバックネット裏でほとんど実物は見えなかったような気がします。
確かわが家にオペラグラスがあったなと捜すとそれには東京ドームのロゴが入っていました。
前回の時買ったんだと思います。

でも今回はもっとよく見えるををと思い検索してカメラ屋さんに出掛けて買ってきました。
もう前のとは大違い。よく見えます。(隣の家が・・・えへへ。いけませんね。)これでばっちり用意ができました。
2013-11-19.jpg

行くのは、日本での最終日21日です。
もうドキドキ、ワクワクうれしくてたまりません。
2013年11月19日14時12分28秒/日常 /コメント:4 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る

イナゴも車に乗って

No,828 comment 6

車で買い物に行こうと運転していたら、なんとイナゴが一緒に乗っていたんです。
赤信号で止まった時、写真を撮りました。
2013-11-2-1.jpg
ちゃんと、進行方向を見ているんですね。
車に乗ってお出かけとは、イナゴにとってすごい体験でしょうね。
2013-11-2-5.jpg
少し止まっていたら退屈したんでしょうか?
こんなに上の方に上ってきていました。

2013-11-2-2.jpg
車は窓を閉めてあったのにどこから乗り込んだのでしょうね。

家に帰ってから近くの田んぼに連れて行ってあげました。
このイナゴ、仲間のもとに戻って、どんな話をしたでしょうね。


これは今年の春買ってきた白いシュウメイギクです。
ピンクのが終わっている今になってようやく咲いてきました。
やっぱ、白い花は良いですね

2013-11-2-3.jpg

さて,この間ハロウィンということがありましたね。
こちらを参考にかぼちゃプリンを作ってみました。
とてもおいしかったです。
2013-11-2-4.jpg
2013年11月02日19時56分12秒/日常 /コメント:6 /トラックバック:0/▲ページトップへ戻る