夢見るずくなし

 

スポンサーサイト

No,

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 ||トラックバック(-) | コメント(-)

送り火

No,192 comment 5



お盆さまがこの茄子の馬に乗って今夜帰ります。
2005-8-16-2.jpg

お友だちから頂いたこの陶器のキャンドル入れに火を入れて送ります。 2005-8-16-3.jpg

「さようなら」
また寂しくなるよ・・・ 2005-8-16-4.jpg

それに応えるように光の軌跡を残して天国に帰っていきました。


もしか、これは心霊写真かな?ヾ(´▽`*)ゝ
【2005/08/16 20:34】 日常 | comment 5 |トラックバック(0) |

コメント


帰りたくなかったら帰らなくていいんだよと思いながら送り火を焚いています 毎年のことです
今年は 一緒にビールを飲んでから送り火を焚きました いつも一緒にいるのに送る事はないのにねぇ。
儀式だから・・と言いながら火を焚いているわたしです
快く送らないといけないのかな?いつも何やかやと手助けを感じているので遠くにいるなんて 全く考えられませんし寂しくもありません
2005-08-16(22:36) : きゅうり URL : 編集

うーーー。

[泣く]
きゅうりさん、もはや別世界でも用事がある方なのだと想います。
静かに送ってあげましょう。
また、きてくれる楽しみが生まれますもの[??]
用事というのは、多分きゅうりさんがきた時の準備?ヾ(´▽`*)ゝ
きっとね。
でも急ぐ必要は無いよね、先に逝った人は自分の残した分も生きてきて欲しいと願っているはず・・・

また、お彼岸に来てくれるのかな?
2005-08-17(09:31) : どりーみー URL : 編集

旧盆も終りいよいよ秋になりますね(とは言っても
こちらはまだまだ暑さは続きますが・・・)
諏訪は涼しくなるのでしょうね?
この送り火の写真 仏様が天国に帰って行く様子が
写し出されているのにはビックリ!です。
諏訪では、このようにして送るんですね。
(こちらでは、ほうろくの上で「おがら」を焚いて
送ります)
2005-08-17(10:55) : 0 子 URL : 編集

no title

天国へ帰るときの写真 ビックリ!!ですね
天国へ帰っても
いつも皆さんを見守ってくれてる…
そんな風に見えました。
2005-08-17(11:08) : ARA URL : 編集

O子さん、こころなしか涼しくなって来ました。
暑い暑いといっていても身勝手に涼しくなるちょっと寂しいんですよね。

おがらというのは麻の茎の芯ですよね?皮は繊維にするんでしょ?
実はこちらでも、本当はおんがらに火をつけて近くの川まで迎えに行き、帰る時も川べりまで送って行きます。
でも家にはおんがらが無いので、ちょっと代用してみましたヾ(´▽`*)ゝ エヘヘ

O子さん、ARAさん
ほんとうにびっくりしました。撮ってから家族中で大騒ぎ、知人にも見せまくりました。
この光が向かっている方向がお墓なんですもの[??]

ARAさん、天国からいつも見ていてくれますね。きっと。
亡くなってから満2年、未練や迷いを捨てて、本当に旅立ったのだと感じました。
2005-08-18(12:49) : どりーみー URL : 編集

コメントの投稿


絵文字

非公開コメント

trackback


trackback url ↓
http://syumi.blog1.fc2.com/tb.php/192-e0112587
 
 
 
my blog

最新コメント

Category

r-trackback

link

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

sitelink

今何時?

アルバム

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

introduction

どりーみー

  • Author:どりーみー
  • 布の手作り人形の
    製作と販売なんですが、、、

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Tree-Recent

Tree-Arcive

お勧め

Photoscope

banner

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。