Next Home  Prev
「龍馬伝」に号泣

夢見る残生

Category

お勧め記事

1から10までをたすと55
初体験干し柿

newコメント

my blog

link

バナーリンク

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

sitelink

TreeArchive_PD

 

最新記事 (サムネイル付)

じこぼうキノコ汁 Nov 06, 2018
温泉卵 Oct 27, 2018
リゾット実験 Oct 24, 2018
昨年挿し木のバラ Oct 19, 2018
スープジャー Oct 12, 2018
サバ水煮缶どんぶり Sep 29, 2018
iPadカバー Sep 19, 2018
iPadにもLINE Sep 07, 2018
iPadに格安SIM Sep 05, 2018

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
No,590 comment 9

幕末の時代、先ず知らなかったのは侍の中にも上士と下士というものが有ったと言うことです。
それはその家に生まれたというだけで、一生続くことだったのですね。
いつも上士からさげすまれ続けた下士にとっては、黒船の襲来でそのしがらみから抜け出る時が来たと感じたのでしょうか。
武市半平太は特に殺気立っています。朝廷内の攘夷派の動きを探るために女性のスパイを送り込むことになったんですね。
その役をこともあろうに、龍馬が長い間待たせていてやっと婚約した幼馴染の平井加尾にと考える。
加尾の兄も武市半平太のグループ。どうしてもその役を加尾にさせたい兄は加尾が龍馬のところに行くのなら切腹すると腹に刃物を当てる。
兄が腹を切らないようにするために加尾は龍馬を諦める。
そこへ、待ち合わせの神社でいくらっても来ない加尾を捜しに竜馬が来て家の外で加尾を呼ぶんです。
声は家の中まで届き、加尾はむせび泣くのですが出て行くことはできません。武市半平太が代わりに出てきて龍馬に「加尾は兄に切腹させないために自分で決めたことだ」というんですね。
それを聞いた龍馬は泣き叫びながらも諦めざるを得ないのです。


夜、それでも諦め切れず刀を使おうかと思い眺めている龍馬のところへ、加尾からの使いが届き、神社に行ったのです。
加尾の言葉
「龍馬さんはとてつもないものを掴まえられると思う。龍馬さんは私のできなかった生き方をして。」
二人は抱き合って、さようなら、さようなら・・・と。


ホントにに泣けました。
以前の大河ドラマでも篤姫と別れる肝付尚五郎に泣けましたが、昔の人たちは好きだけでは添えないことが多かったのでしょうね。
反対に結婚するまで顔さえ見たことが無いと言うこともあったそうですから、今では考えられませんね。
関連記事
2010年03月08日22時02分40秒/テレビドラマ /コメント:9 /トラックバック:1/▲ページトップへ戻る

コメント


コメント index

ほんとうに・・泣けました[泣く]

俳優のキャストがいいのと、脚本も素晴らしくって。
龍馬や龍馬を囲む人たちの演技に感動しっぱなしです。

昔の人たちは辛抱強いですよね・・
同じ日本での出来事とは、とても思えませんね[驚く]



2010-03-08(23:28) : hiroko URL : 編集

私も観ています♪

ほんとうに・・泣けました[泣く]

龍馬や龍馬を囲む人たちの演技が素晴らしくって・・
いつも感動しながら見入っています。

昔の人たちは辛抱強いですよね・・
同じ日本での出来事とは、思えませんね[汗]

2010-03-08(23:35) : hiroko URL : 編集

上の子の視力低下で^^;;
最近テレビ無しの生活。。。(昼間のみ解禁ですが、チビちゃんにのっとられております;;)
録画してみなきゃ!だわね[キラリ]
2010-03-09(12:50) : のん URL : 編集

こんにちは~(o^^o)

私も切なくて切なくて涙がでそうでした[泣く]
自分の意思では結婚できないなんて。。。
そうやって別れてしまったら一生心の中でお互いが生き続けるので
しょうね。o○

こういうことって、つい最近まであったんじゃないかと思います。。
うちの母も好きな人は居たらしいのですが
両親の決めた相手と結婚したものだから
今だに愚痴ってますけど、その相手が一番長生きしてくれて
今、母は幸せな事に、夫、子供夫婦、孫に囲まれて暮らしています[るんるん]

きゃ~、竜馬さんから脱線してすみません^^;
2010-03-09(17:16) : ひろ♪ URL : 編集

hirokoさん

やっぱりご覧になっているんですね。
みんな、芝居が上手くて泣[泣く]かせてくれますね。

そうそう。同じ日本とは思えないですね。
しかもそんなに大昔でもないんですよね。
考えられないことです。[モジモジ]

2010-03-09(19:52) : どりーみー URL : 編集

のんちゃん

やっぱり視力に悪いですか?パソコンも結構視力低下しますよね。

是非ビデオでご覧くださいね。
ネットでも見れるかも[??]
2010-03-09(19:58) : どりーみー URL : 編集

ひろ♪さん

>一生心の中でお互いが生き続け・・・
そうでしょうね。この間の放送の最後に加尾が持っていたもの有りましたよね。
龍馬の書いたものと自分が書いたものを一緒に持っていたということでした。生涯思い続けたんでしょうね。

お母様もお好きな人がいたのに結ばれなかったのですね。
ちょっと前までそんなことざらにありましたよね。
でも、結婚生活で辛いことがあったとき、心の中であの人と結婚していたならと思って過せることは結構幸せな時間ですよね。
なぜって好きだった人と結婚したとしても絶対に不満はでてくると思うし、その時にはがっかりするしかないんですものね。

お母様は三世代一緒でお幸せですね。[お祝い]
欲ではなく親の言うとおりが本当は幸せになれるのかもしれませんね。親は子供が不幸になるようにと思う訳は無いですものね。[るんるん]

2010-03-09(20:16) : どりーみー URL : 編集

こんにちは♪

私も毎週欠かさず見ています。
兄には「腹を切る」といわれれば
従わざるおえませんよね。
昔は命と引き換えが多かったんでしょうね。
今では考えられませんね。
幸せな世の中になりましたね。
ただ…悲しいことに
差別はいまだ存在していますね。
2010-03-09(20:59) : yosi URL : 編集

yosiさん、ご無沙汰しています。

やっぱり、ご覧になっているんですね。
兄はいませんが、もし兄に腹を切るといわれたら諦めるでしょうか?
実際にそうなってみないと解かりませんが、現代ではそれが通用しないような気がしますよね。
むしろ何があろうと自分の希望は通すといった風潮でしょうか。
だからこそ、この時代がまぶしいのかもしれませんね。

日本人は植物や動物の奇異種は尊重しますが、人間に対しては同一を望むんですよね。
それと、男尊女卑はまだまだたくさんありますね。悲しいことです。[泣く]
2010-03-10(10:41) : どりーみー URL : 編集
絵文字

非公開コメント

トラックバック:
トラックバック URL
→http://syumi.blog1.fc2.com/tb.php/590-8a8e588d

トラックバック
武市半平太 龍馬伝
メガネ弁当。 - 劇的時間帯 まずは『龍馬伝』。 朝から録画したのを観ておりました。 どうでもいい感想です。 今週は『恋愛モード』だと思ってあまり期待していなかったのですが、面白かったです。 何よりも、武市さんが。 まずは、いきなり千葉道場での『目録』を頂く龍?... 忙しい人でもすぐ読めるニュース[2010/03/09 04:03]
Next Home  Prev