夢見るずくなし

 

小坂観音院

No,670 comment 2

7月に行った小坂観音院の追記です。
小坂観音院は、信玄の側室として美貌と情愛の深さで知られ、信玄にもっとも寵愛され信玄の四男勝頼を生んだ諏訪頼重の娘「由衣姫」が諏訪に帰って亡くなるまでの間を過ごした場所だそうです。


そこは思っていたより広い所でした。
先ず、山門から境内まで樹齢七百年以上といわれるサワラ並木が続きます。

2010-8-16-1.jpg

この観音堂からは「由衣姫」の父親のいる高島城が見え、また信玄の石棺が沈められたと噂されている湖底も間近に望める場所です。居並ぶ石仏、25歳と言う若さで亡くなった姫の悲しい思いが漂っているような気がしました。

2010-8-16-2.jpg

小坂観音院の境内にある諏訪御料人供養之塔
2010-8-16-3.jpg


2010-8-16-4.jpg

また、境内には紫陽花と共に石仏がたくさん並んでいました。
激しい雨だったので、石仏は皆涙を流しているようでした。

2010-8-16-5.jpg

たくさん撮ったのですが、その中の一枚に三つの顔を持ったものがありました。
阿修羅像のようになにか曰くがあるんでしょうね。
2010-8-16-6.jpg

ここに由布姫が暮らしている間、武田信玄や山本勘助もたびたび立ち寄ったということです。
25歳で亡くなるなんて、ほんとに悲しい運命ですねぇ。
噂の武田信玄の遺骨が諏訪湖に沈んでいるという話は、信玄の強い思いはあったものの実際には側近の判断で沈められなかったとか・・・いろいろな説がありそうです。

近くにいてもなかなか行くことが無いところに行けてとてもよかったと思います。

【2010/08/16 21:41】 日常 | comment 2 |トラックバック(0) |

コメント


おはようございます~♪
小坂観音院の追記ありがとうございます。
25歳で亡くなっていたんですね・・・悲しいですね・・
雨の中の雰囲気が悲しさをよけいに感じさせます[うるうる]

樹齢700年以上のサワラ並木なんですね・・
大木の中を歩くとなんだか落ち着きますよね・・

そうですよねぇ、近くてもなかなか行けない所ってありますよね・・
行けて良かったですね[うきうき]
レンズに雨がかかったりして、大変な撮影だったのが分かります~
おつかれさまでした[拍手]
2010-08-17(06:35) : りんご URL : 編集

こんにちは~♪
昔は名を残した人といえどもとても若くして亡くなるんですね。
私は現代において無駄に年を取っているだけです[汗]

樹齢700年以上のサワラ並木・・・元々ここはお寺で諏訪の殿様も信心していたようなんですよ。[うるうる]

見ていただいて本当にありがとうございます。[おじぎ]

更新がなかなか出来なくてやっとやっとでした。[疲れた]
2010-08-17(11:36) : どりーみー URL : 編集

コメントの投稿


絵文字

非公開コメント

trackback


trackback url ↓
http://syumi.blog1.fc2.com/tb.php/670-f36134d2
 
 
 
my blog

最新コメント

Category

r-trackback

link

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sitelink

今何時?

アルバム

全記事(数)表示

全タイトルを表示

search

introduction

どりーみー

  • Author:どりーみー
  • 布の手作り人形の
    製作と販売なんですが、、、

ブロとも一覧


ぷーことおてて

my life

smile*

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

Tree-Recent

Tree-Arcive

お勧め

Photoscope

banner